塾長 長沼 ゆかり よりご挨拶

  • 帰国子女ではなく、成人になってから4技能を学んだ講師
  • アメリカの大学院でTESOL修士号取得
  • 同大学院にて先生向け指導の専門知識を習得
  • アメリカの大学院にて約30ヶ国の学習者を指導

Facebookライブ動画(収録版)毎週更新中!

  • 毎週火曜日夜、講師がカジュアルに配信している
    Facebookライブ動画の収録版です。
    主に4技能指導に関するトピックを配信しています。
  • Youtubeチャンネルからもご覧頂けます。

定期講座(受付中・開講中)

› 続きを読む

新着ニュース

› 続きを読む

先生にお伝えしたいこと


今、日本の英語教育は大きく変わろうとしています。
文部科学省の指針により、グローバルなコミュニケーション力の基礎を身につけることを目指すため、
使える4技能を指導することが求められています。

2017年文科省は、大学入試センター試験に代わり2020年度に導入する新テスト
「大学入学共通テスト」について、新たな方針を示しました。
2023年度まで現行のマークシート式を併用するとしながらも、外部の資格・検定試験に移行するとしています。

すでに、大学入試共通テストに先駆けて、大学や学部で、4技能試験を入試の要件に
採用しているところが年々増えてきています。
英語教育において4技能がこれからますます重要視される流れは決まっています。

私は、日本で生まれ、日本の小・中・高・大学を卒業し、成人になってから日本で一から使える4技能を学び、
アメリカの大学院の英語教授法の修士プログラムで、4技能指導法などをました。
その後、日米で30ヶ国・地域の幅広い年齢、英語レベルの英語学習者に指導する機会に恵まれました。

ボストンの大学の多国籍の英語センターでは、一番初級から一番上級レベルのクラスまで教えました。
多国籍クラスの指導においてとても驚いたことがあります。
上級レベルのクラスにいる生徒の共通点は、英語学習の際に母国語を使わないということでした。

上級レベルのクラスになると、英英辞典を使い、英語のまま理解し4技能を実践していました。
世界から集まった彼らに聞くと、共通して長年、自国において4技能を用いて英語を学んでいるという事実が分かりました。
彼らが話す、書く内容はとても理解しやすいものでした。

一方、初級レベルのクラスでは、母国語が入っている英語辞典を使い、母国語から英語に訳して話したり書いたりするので、
彼らの母国語を知らない日本人の私には、彼らが何を言っているのかよくわかりませんでした。

そこで、私達講師が実践していたのは、初級レベルのクラスから、英語のみで授業を行い、生徒に英語の発想を理解させ、
自然な英語で4技能を実践させることでした。
頑張って英語で4技能を実践する生徒はレベルが上がりましたが、母国語を使い続ける生徒はいつまでたっても
なかなかレベルが上がりませんでした。

これらの経験から分かったことがあります。

使える英語力を向上させるためには、生徒が英語を英語で理解できる
「4技能を統合した指導法」が必要だということです。
そして、これがアメリカだけでなく、世界の多くの国々で長年実践されている英語の指導方法なんだと。

日本語は世界の言語の中でも英語と共通点が大変少ない言語です。
日本語を頼りに英語を習得するのは、なおさら難しくなるということもわかりました。

日本の先生は、

日本で長年効果的と言われてきた(日本語で英語を理解する)指導法を見直し、
英語を英語で理解できる4技能を統合した新しい指導法を実践することが必要です。

新しい指導法は、一朝一夕で身につけられるわけではありません。
英教塾では、4技能をできるだけ早く身に着けていただけるように、1日・半日・定期講座をご用意しています。

英教塾 塾長である私の目標は、

  • 全国の先生方が自信を持って新しい指導に取り組んでいただけること
  • 日本の多くの子供たちが、将来、勉強や仕事でグローバルに活躍できる英語の素地を作ること
  • 日本中の英語の先生と共に、日本の英語教育を変えること

です。

自分の指導を変えて、生徒のためにより良い授業をしたい先生、英教塾でぜひ一緒に頑張りましょう。

英教塾 塾長
長沼 ゆかり